税のことなら税理士にお任せ!

税理士は確定申告を行う税務の代理業務だけでなく日々の業務などのアドバイスなどを含めて節税対策を提案してくれることもあります。

税理士にお任せ!TOP 藻場再生 バイテクソイル工法 磯焼け対策と藻場再生

磯焼け対策と藻場再生の目次

  1. 磯焼け対策と藻場再生
  2. 磯焼け対策は早急に
  3. 藻場再生と食害とは何でしょうか
  4. 藻場再生は水生生物の生活の改善につながる?
  5. 藻場再生や磯焼け対策はなぜ必要か
  6. 藻場再生における漁業関係者の取り組みとは
  7. 藻場再生による漁業の活性化

磯焼け対策と藻場再生

日本では海岸に海藻などの植物などが死滅してしまう磯焼けという状態になってしまっている所も少なくありません。

海藻がなくなってしまえば、海の中に暮らすたくさんの生態にも良くない影響がでてきます。海藻を餌としている動物もたくさんいます。

それらの動物の食べ物がなくなってしまいます。そうならないために藻場再生がおこなわれています。藻場再生は海藻などがたくさん生息できる様な海にしようとする取り組みの事をいいます。

藻場再生にはいくらかの方法があり、いろいろな取り組みが行われています。

磯焼け対策は早急に

日本の海は世界でも有数の魚の宝庫と呼ばれていますがその環境は年々悪化傾向にあります。その要因に、磯焼けの増加ということがあげられます。

磯焼けとは、浅瀬の海の昆布や海藻が群生している藻場と呼ばれているところをいうのですがそれが増えているのです。磯焼けの原因ですが、海の海水温の上昇によって、ウニなどが増えて昆布や海藻を食いつくしているのです。

磯焼け対策についてはいろいろやり方はあるのですが、まずは磯焼けの感知ということがあるのです。航空写真などを利用して磯焼けが全国のどのあたりまで広がっているか調べないといけないのです。磯焼け対策は早急にやらなくてはならないのです。

藻場再生に関するコラム

藻場再生と食害とは何でしょうか

地球温暖化によって食害動物が増えています。この食害動物とは本来であれば日本の近海ではいなかったものが多くタンカの底などに付着して運ばれてきたのです。冬は越冬できず死んでしまうものもありましたが最近の海水温の上昇により日本近海に根付いてしまっています。

小魚にとって必要不可欠な環境も少なくなり藻場再生が緊急課題となっています。この藻場再生することは小魚を成長させるにはうってつけなのです。アマモなどはCO2を吸収し光合成によって酸素を供給してくれ、そこに動物性プランクトンが住み着きそれを食物として様々な生き物を呼び込んでくれるのです。

藻場再生は水生生物の生活の改善につながる?

藻場とは水深10数m程度の浅い海にある海藻(コンブ、ヒジキなど)や海草(アマモなど)がたくさん集まって生えている場所のことを言います。藻場は比較的波が穏やかで、隠れる場所がたくさんあるので魚や海の生物がたくさん集まってくる場所です。

藻や植物性プランクトン、それらを食べる生き物から始まり、生物ピラミッドを土台を支える大切な場所です。最近この藻場が環境の変化や埋め立てで失われており、水生生物の減少が報告されています。藻場再生によってそこに住む水生生物が増えると、藻場には住まない大型の生物もその周りに増え、結果的に海が豊かになります。藻場再生は海の生態系の維持に非常に大切なことなのです。

藻場再生や磯焼け対策はなぜ必要か

ここ何年かで藻場再生や磯焼け対策が注目される機会もあります。

藻場再生や磯焼け対策がなぜ必要かという事についてですが、浅瀬の生態系に影響が出ているという事が考えられます。また、それは人間が埋め立てなどを行った事も原因となっています。

藻場の環境が悪化すると、知らない間に取り返しがつかなくなるという事も考えられます。そうならない様に藻場再生や磯焼け対策が必要となります。

できるだけ早い段階から藻場再生や磯焼け対策を行う事によって、環境が悪化するのを防ぐ事ができます。また、藻場再生や磯焼け対策を行うと同時に、できるだけ環境を破壊しない様にするという事も必要となる事でしょう。

藻場再生における漁業関係者の取り組みとは

海水温の上昇や、様々な要因から、海草が減少する磯焼けが問題になっています。昆布などの海草類は、海の生物にとって寝床になったり、産卵場所になったりと、生存する上でとても貴重な場所です。この海草類が激減することは、海の恵みをうけている人間にとっても深刻なものになります。そのため、漁業関係者や企業、研究機関などで、国内の藻場再生に取り組んでいます。

自然素材を使った、生育を促せるバイテクソイルや、テトラポットを利用して海草を増やす方法など、手間と労力を使って、健全な海を取り戻す藻場再生の取り組みが行われています。

藻場再生による漁業の活性化

藻場再生は、藻場を再生させる活動のことをいいます。藻場は年を経るごとに減少していて、現在ではその保護と再生の方法に注目が集まっています。減少していっている藻場は漁業にも影響を及ぼしつつあります。

藻場の減少の理由は様々ありますが、特に昨今では地球温暖化や土地開発が大きな要因とされています。

藻場再生活動をする利点として、水生生物の保護が挙げられます。また、水生生物を保護することにより、水質改善に繋がり、結果として漁業の発展や活性化に繋がっていきます。以上のような理由で、現在、藻場再生が急がれています。

メニュー

TOP 税理士 相続手続き 藻場再生 バイテクソイル工法 レンタルオフィス

"税のことなら税理士にお任せ!"では、節税対策などの税金問題に詳しい税理士に関する情報をご紹介しています。遺産相続手続きを扱う大阪の弁護士事務所や法律事務所についてのコンテンツにも注目!当サイトへのお問い合わせはこちらにお願いします。藻場再生や磯焼け対策のバイテクソイル工法についての詳細や施工事例は大阪の企業サイトをご覧ください。