税のことなら税理士にお任せ!

税理士は確定申告を行う税務の代理業務だけでなく日々の業務などのアドバイスなどを含めて節税対策を提案してくれることもあります。

税理士にお任せ!TOP 藻場再生で海を戻す

藻場再生の目次

  1. 藻場再生で海を戻す
  2. 水中緑を増やす藻場再生
  3. 藻場再生とは
  4. 藻場再生と微生物の関係性について
  5. 藻場再生に関する様々な活動
  6. 実施されている磯焼け対策や藻場再生
  7. 結果となるのに時間がかかる藻場再生と磯焼け対策
  8. 環境保護のための藻場再生と磯焼け対策
  9. 藻場再生で食害を防ぐことができます
  10. 藻場再生は待ったなしの課題
  11. 漁業における藻場再生

藻場再生で海を戻す

藻場というのは海の中でも陸に近い浅い部分の事を言います。私たち人間の工業化した社会がその藻場の環境を破壊してしまっている事もあります。

海の近くに工場を設立するなどして、藻場に暮らす生物たちは住処を失ってしまうという状態になっている場所もあります。

そこで、失われた環境を少しでも元に戻そうとする藻場再生があちこちで行われています。豊かな藻場再生は海の浅い部分に生息している藻など光合成を行う植物を増やすという事がメインの様です。

そうする事で、藻などの植物を餌とする魚を増やす事につなげる事ができます。

藻場再生について

バイテクソイル工法(藻場再生、磯焼け対策、酸性土壌の緑化)よりよい未来に向けて環境を良くしていこう。

水中緑を増やす藻場再生

人間が食生活を保つ事ができているのは食物連鎖のバランスが整っているおかげでもあります。

しかし、工業化などによる環境汚染がそのバランスを狂わせる事もあります。

できるだけ地球環境を破壊する事なく、良い状態を保てるように多くの人達が対策を行っています。その一つが藻場再生です。

地球環境のために緑を増やそうとする取り組みは世界中で行われています。
水中の緑を増やすための取り組みが藻場再生です。

緑を増やすのは陸上だけではありません。水中にもたくさんの植物が生息しています。

藻を増やすことでよりより環境を作ることに力をいれている会社があります。それが大阪の株式会社タイキです。こちらでは砂漠緑化や藻場再生、磯焼け対策などの施工をおこなっています。ホームページにいろいろな事例が載っていますので興味のある方は見てみてください。

http://www.osa-taiki.co.jp/material/baitekusoiru.html

藻場再生とは

藻場再生という言葉を聞いた事があるだろうか。 藻場(もば)とは、海中で海草が繁茂している所をさす。

この藻場は、魚介類の産卵や稚魚・稚貝の育成の場や水質の浄化・二酸化炭素の吸収といった重要な役割を果たしているのだ。

しかし、開発による水質悪化や食害などによる磯焼けと呼ばれる「海の砂漠化」によって藻場が急速に失われつつある。

藻場が失われる事で、藻場で暮らしていた魚介類はおろか水質の浄化・二酸化炭素の吸収作用まで失われる非常に深刻な事態が起こりうるのだ。

その深刻な事態を打開する為、藻場再生が急務となっている。森林破壊はもちろんだが、「海の中の森林」にもより注意を払いたいものだ。

藻場再生と微生物の関係性について

藻場再生は、失われつつある海洋の藻場の再生を促すプロジェクトで、日本近海に藻場が豊富に存在することで海洋の環境悪化を防ぐ働きがあることが知られています。海水の水質の浄化に欠かすことができないのはプランクトンを始めとする微生物の存在です。

プランクトンなどの微生物は小魚のエサになると同時に海藻に付着することで、有機物を分解する働きがあるため、それが水の浄化にも貢献します。つまり藻場再生を行うことで海中の水質を良くすることが可能で、赤潮などの被害の発生を防いだり、魚やプランクトンの増殖にも成功を実現できます。そのため海洋資源を守るために必要なプロジェクトであるということも可能です。

藻場再生に関する様々な活動

藻場再生に関して様々な活動が行われています。磯焼けなどで藻場がなくなった海域に採取した母藻をネットに入れて海中に設置することによって母藻から遊走子や卵がその周辺に供給されます。また藻の種苗を生産したり施肥による栄養供給をすることによって藻場再生がより効率よく行うことができます。

他にもウニなどの大型海藻を餌とする生物を移植させる取り組み等も行っています。ウニ以外にもアイゴやガンカゼなども藻を餌としているため、積極的に漁獲し加工食品等として有効利用を促進しております。そうすることによって間接的に藻場を保護することができます。

実施されている磯焼け対策や藻場再生

環境対策の中でも急がれているのが、磯焼け対策であり、そのために藻場再生への取り組みが行われています。実施されている磯焼け対策や藻場再生は海の中でも比較的浅い部分の環境を守るために行われています。

実施されている磯焼け対策や藻場再生は、成功すると浅瀬の部分に魚などたくさんの生物が生息する事を可能としてくれます。海は広いので環境対策と言っても、実施されている磯焼け対策や藻場再生は陸に近い部分で行われますので、私たちとしても対策がしやすいのではないでしょうか。

すでに失われてしまった環境を元通りに戻す事は非常に大変な事ですので、実施されている磯焼け対策や藻場再生は手遅れにならない様にしないといけません。

結果となるのに時間がかかる藻場再生と磯焼け対策

このままではダメだと思って藻場再生と磯焼け対策を開始しても、すぐに結果が出るという分けではありません。藻場再生と磯焼け対策を行っても、結果となって反映されるまでに時間がかかります。

また、藻場再生と磯焼け対策はただ行えばいいという単純なものではありません。藻場再生と磯焼け対策は、改善が見られても、その状態を何もせずに維持する事ができるという事が大事です。

藻場再生と磯焼け対策は簡単ではなくて、時には長い道のりとなる事もあります。しかし、そこで諦めてしまうと環境は悪化する一方です。たとえ大変な状況であったとしても、みんなで力を合わせて対策を懸命に続ける事が大事でしょう。

環境保護のための藻場再生と磯焼け対策

環境保護と言っても砂漠化などは目で見て分かりやすいので、危険を察知しやすいですが、藻場の環境破壊は海の中なので何が起こっているか気づきにくい事もあります。藻場再生と磯焼け対策で環境保護を行う必要があります。

藻場再生と磯焼け対策は私達が知らない部分で行われている事もあります。藻場再生と磯焼け対策を行うと、すぐに問題が解決できるという分けではありません。藻場再生と磯焼け対策を成功させるためには、たくさんの人の苦労が必要となる事もあります。藻場再生と磯焼け対策をしなくても、美しい環境を維持する事ができるというのは理想的な事ですが、環境が破壊されている場合には対策が必要です。

藻場再生で食害を防ぐことができます

現在、海の生き物の住処となっている海の森が、どんどん砂漠化していき無くなっています。大きな原因とされているのが地球温暖化です。

温暖化が進むことにより、水面の上昇が問題視されています。地球環境対策として藻場再生が行われています。海藻が減少している理由としては、海栗により海藻が食べつくされてしまう食害が主な原因です。

海栗の食害の影響で、藻場が減少していくことによって、漁獲量が大幅に減少するだけではなく、二酸化炭素を吸収してくれる森の消滅、生活排水の浄化システムの喪失など、いろいろな問題が発生してしまいます。こういった問題を防ぐ為に、藻場再生が行われています。

活動は全国に広まり、様々な所で様々な藻場再生方法が行われています。

藻場再生は待ったなしの課題

海では藻場の減少が劇的なスピードで進行しています。1960年代から1990年代の30年の間に、瀬戸内海から藻場は7割も消滅しました。恐らく、全国的にも同じような状況だと思われます。

生態系の基礎部分にあたる藻場がなくなる事は、海に生きる生物の生存にとって致命的であるばかりでなく、地球環境にとっても大きな悪影響を及ぼします。藻場再生はもはや待ったなしの課題です。

今、取り組まなければ、もはや取返しのつかない事態となってしまう危険性があります。地域や漁業者などの直接的な利害関係者だけでなく、国家レベルでの取り組みが求められています。

漁業における藻場再生

藻場再生は、海の森とも呼ばれる藻場環境の取り組みをおこない、再生する活動のことです。藻場が消失した海域において、確実に種を供給して藻場を再生することが利点です。

藻場は年々減少しており、漁業においても大きな影響を与えています。原因としては地球温暖化や海水温上昇、そして埋立地の開発などがあげられます。母藻の供給、施肥による栄養補給が必要です。

海水の浄化、水生生物の生活改善をおこなうことで、漁業の活性化にもつながり、積極的に取り組みを進めていく必要があります。日頃の生活においても、地球温暖化の原因を増やさないように、環境保全活動に参加していく形が理想的といえるでしょう。

藻場再生に関するコラム

メニュー

TOP 税理士 相続手続き 藻場再生 バイテクソイル工法 レンタルオフィス

"税のことなら税理士にお任せ!"では、節税対策などの税金問題に詳しい税理士に関する情報をご紹介しています。遺産相続手続きを扱う大阪の弁護士事務所や法律事務所についてのコンテンツにも注目!当サイトへのお問い合わせはこちらにお願いします。藻場再生や磯焼け対策のバイテクソイル工法についての詳細や施工事例は大阪の企業サイトをご覧ください。