税のことなら税理士にお任せ!

税理士は確定申告を行う税務の代理業務だけでなく日々の業務などのアドバイスなどを含めて節税対策を提案してくれることもあります。

税理士にお任せ!TOP 相続手続き 遺産相続手続きについての遺留分とは

遺産相続手続きについての遺留分とは

遺産相続手続きをおこなっていくうえで、誰しもが円満に解決していきたいと思っていますが、ケースによっては泥沼化してしまうケースもあります。例えば、被相続人が作成した遺言書が偏っていて不公平であるケースには、遺留分として最低限の保証が認められていますので、その保証にのっとって申し立てを行うことが可能となります。

ここまでくると遺産相続も泥沼化とも言えますが、自分が持っている当然の権利はしっかりと、主張していくことが重要となります。不安や疑問がある場合には、専門の機関に相談してみることをおすすめします。

遺産相続手続き・遺留分減殺おいて物件変換請求調停のメリット

遺留分減殺の物件返還請求調停では、文字通り物件に関する分与の話になります。遺産相続手続きをこちらで行うメリットは、一体どのようなところにあるのでしょうか。まず、調停とは話し合いのことを意味するため、訴訟や裁判よりも穏便に、かつ柔軟に話し合いを済ませることができます。

また、自分と相手だけではなく、第三者が入ってくれることによって、感情的にならずに、冷静に話を進めていくことができるので、通常よりも早く話し合いをまとめることができます。早く話がまとまるということは、費用面でも時間面でも自分の負担を少なくすることができます。

相続手続きに関するコラム

遺産相続手続きによっての遺留分などの意味合いについて

遺産相続手続きを行う際に、心配なことや疑問などが生じてくるケースがあるかと思います。そのような場合は、遺産相続を専門にする専門家に相談してみることをおすすめします。そうすることで、これまで知らなかった権利や制度などを知ることができるのです。

例えば遺留分などの制度は、被相続人が作成した遺言書に対して、申し立てができる権利となっており、このような制度を知らないと、そのまま処理されてしまう可能性があります。そのようなことは非常にもったいないと言えますので、専門家の先生に少しでも可能性があることは教えてもらうことが得策になります。

遺留分を含めて遺産相続手続きを進めよう

上手く進めていかないと、遺産相続手続きは失敗することもあります。とにかく支払いがしっかりされるものを確認して、足りない状況を作らないようにしてください。それぞれに支払われる最低限に該当する、遺留分を含めて考えることになります。

含めておかなかった場合、足りないことでトラブルになってしまったり、本来支給される最低限の数字がなく、後から手続きが進められないこともあります。間違った方法で進めないように気をつけつつ、問題にならない程度に進めてください。早めに把握しておけば、トラブルが起こることも減ってきますので、失敗が減ります。

遺産相続手続きにおいて遺留分減殺請求権の訴訟

もし遺産相続手続きにおいて遺留分減殺請求が調停で決着がつかなかった場合には地方裁判所に訴訟を依頼することになります。金額としては140万円以上減殺額が超えていることが必要になります。調停とは異なり話合いだけで、結果がうやむやになってしまうことがなく、必ず「いくら」というのが提示されることが最大のメリットです。

140万円以下の場合には簡易裁判所に依頼をすることになりますが、話がこじれ過ぎていてどうにもならないような場合には140万円以下でも地方裁判所が管轄する場合もあります。どちらに訴訟を依頼するのかはそのときの状況による所が多いです。

大きな負債を抱えている相続手続きなら

通夜葬式が終わり、次に取り組まなければいけないのが遺産の相続手続きです。特に遺産が多い場合は手続きの種類も多く、どの手続きから始めれば良いか分からないものです。中には将来的に負担が生じる場合もあるため、普段からある程度の情報を得ていく必要があります。

特に気をつけたいのが、亡くなった方が大きな負債を抱えていた場合です。子供であれば当然遺産を相続する権利がありますが、遺産だけでなく負債も相続することになります。もし負債が大きく上回る場合は、相続放棄という手続きを行う必要があります。裁判所へ提出する書類ですから、司法書士に依頼できますが、3ヶ月以内という期限つきのため、この点は注意したいものです。

メニュー

TOP 税理士 相続手続き 藻場再生 バイテクソイル工法 レンタルオフィス

"税のことなら税理士にお任せ!"では、節税対策などの税金問題に詳しい税理士に関する情報をご紹介しています。遺産相続手続きを扱う大阪の弁護士事務所や法律事務所についてのコンテンツにも注目!当サイトへのお問い合わせはこちらにお願いします。藻場再生や磯焼け対策のバイテクソイル工法についての詳細や施工事例は大阪の企業サイトをご覧ください。