税のことなら税理士にお任せ!

税理士は確定申告を行う税務の代理業務だけでなく日々の業務などのアドバイスなどを含めて節税対策を提案してくれることもあります。

税理士にお任せ!TOP 藻場再生 バイテクソイル工法 藻場再生のために海草を植える

藻場再生のために海草を植えるの目次

  1. 藻場再生のために海草を植える
  2. 磯焼けが起きた海域でおこなう藻場再生
  3. 母藻による藻場再生プロジェクト
  4. 藻場再生と地球温暖化の関係とは
  5. 藻場再生に向けた磯焼け対策
  6. 多くの人が取り組む藻場再生とか磯焼け対策
  7. 水産庁や各企業で幅広く取り入れられる藻場再生

藻場再生のために海草を植える

日本の沿岸部には豊かな漁場があり、私たちはそこで獲れた魚介類の恩恵を受けています。日本の沿岸部に豊かな漁場が多いのは、魚介類が生息しやすい藻場の存在が大きく影響しています。

藻場には多くの海草が生え、それを餌とする魚介類が集まって暮らしています。さらに、それを狙う大型の魚介類が藻場を餌場として集まってくることになります。そのため、藻場の周囲は常に魚介類が豊富な貴重な漁場となっているのです。

しかし、近年ではさまざまな要因から藻場の面積が減少しつつあります。藻場の減少は直接水揚げ量の減少へとつながっていきます。そのため、藻場再生に向けた取り組みが官民問わずに行われ始めています。

藻場再生の方法はいくつかありますが、藻場の減少を食い止めるための手段として海草を新たに植えるといったことが行われています。

磯焼けが起きた海域でおこなう藻場再生

現在の日本の海域では磯焼けなどの現象が起こっており、そのため昆布などを栽培する藻場の生産力が落ちてしまっています。その生産力を再び向上させるために、様々な方法によって藻場再生が試みられているのです。

その藻場再生の方法の一つが、施肥による栄養供給となります。この方法は藻場の付近の海域で水揚げされた海産物のうち、どうしても販売ルートに乗せられないものを藻場内に設置し、それらの栄養塩類を栽培している昆布などに補給させるというものです。この方法は各藻場でおこなわれていますが、とりわけ北海道地方で多く用いられています。

藻場再生に関するコラム

母藻による藻場再生プロジェクト

藻場とは太陽光が届く沿岸域の浅い海に、海藻が生い茂る場所のことです。魚が産卵したり育成されたりする大切な場所で、海の森ともいわれています。その藻場が死滅してしまう現象が全国で起きていて、深刻な問題となっています。

藻場が死滅する磯焼けが起こる理由は、水温の上昇や水質汚染、生体バランスの変化など様々な原因によるものです。そのため、藻場再生を促すプロジェクトが各地で行われています。藻場再生の方法は、施肥による栄養補給や雑海藻の除去、母藻の供給などいろいろな方法があります。海藻の生い茂る豊かな海を取り戻すために、藻場再生は重要な活動なのです。

藻場再生と地球温暖化の関係とは

藻場とは海藻の群落です。これが水をきれいにしたり、水生生物の維持、水産資源の源となります。この藻場が今急速に失われているので藻場再生が必要になっています。海洋汚染や埋め立てなどの直接的な人的要因、海水温度の上昇により活発化した魚やうにによる食害それ以外の要因に、地球温暖化により海藻の成長の阻害の以上の理由で藻場が年々減少してきています。

地球温暖化により海藻の成長の阻害されるとはどういうことかというと、海の栄養は海洋深層水から浅い海のほうに循環しています。気温が高いと海水面が温められそこにとどまり、海水の対流が行われなくなります。海藻は浅い海にしか生息できないので、栄養の循環がなくなるということは成長ができなくなるということです。また、異常気象による大雨の影響で塩分の薄い、軽い水が流入することで、ますます栄養の循環が起こりにくくなることもあげられます。このような理由で藻場は失われ、今、藻場再生の重要性が叫ばれています。

藻場再生に向けた磯焼け対策

藻場が磯焼けの状態となってしまうと、従来の生息していた生物が生きられる環境ではなくなってしまう事もあるので、藻場再生に向けた磯焼け対策をする必要があります。

藻場再生に向けた磯焼け対策を行うには、どうしても海の中で作業を行う必要があります。ですので、藻場再生に向けた磯焼け対策を行うというのは誰でも簡単にできるという分けではありません。そのため、藻場再生に向けた磯焼け対策はダイバーなどがボランティアとして活躍する事もある様です。

海の環境だから自分に直接関係ないと思われる人もいるでしょう。しかし、藻場再生に向けた磯焼け対策をしないと、知らない間に海の環境が荒れると食物連鎖などにも影響が出る可能性もあります。

多くの人が取り組む藻場再生とか磯焼け対策

たとえ一人の人が藻場再生とか磯焼け対策を行ってもできる事はどうしても限られています。環境の悪化は広い範囲で発生しています。そのため、藻場再生とか磯焼け対策もより広い範囲で行う必要があります。

藻場再生とか磯焼け対策には多くの人が携わっています。個人的に藻場再生とか磯焼け対策を行いたいと思っても、ノウハウなどが必要になりますので、自分で行うのではなくて、藻場再生とか磯焼け対策を専門的に行っているボランティアなどの団体に所属するといいでしょう。また、実際の作業に関しては水中で行われる事になります。場合によってはかなり過酷な環境の中で作業をしないといけないという事もあります。

水産庁や各企業で幅広く取り入れられる藻場再生

藻場再生は各企業や水産庁などによって進められており、海水の浄化作用や水の中の生き物にとっての生活環境の確保など、あらゆる効果が期待されています。

地球温暖化など、深刻化している環境問題などが原因となり、魚や貝類などの住処となる藻場が失われています。藻場を少しでも再生させるため、ウニをはじめとする食害生物の駆除が行われたり、母藻の供給が進められることによって、長期的な計画ながらも進歩の感じられる藻場再生活動に力が注がれています。

問題に対する原因を正しく突き止めながら、じっくりと藻場再生活動をしていくことがポイントでもあります。

メニュー

TOP 税理士 相続手続き 藻場再生 バイテクソイル工法 レンタルオフィス

"税のことなら税理士にお任せ!"では、節税対策などの税金問題に詳しい税理士に関する情報をご紹介しています。遺産相続手続きを扱う大阪の弁護士事務所や法律事務所についてのコンテンツにも注目!当サイトへのお問い合わせはこちらにお願いします。藻場再生や磯焼け対策のバイテクソイル工法についての詳細や施工事例は大阪の企業サイトをご覧ください。