税のことなら税理士にお任せ!

税理士は確定申告を行う税務の代理業務だけでなく日々の業務などのアドバイスなどを含めて節税対策を提案してくれることもあります。

税理士にお任せ!TOP 藻場再生 藻場再生とバイテクソイル工法

藻場再生とバイテクソイル工法の目次

  1. 藻場再生の大切さ
  2. 全国の漁場が取り組む藻場再生
  3. 環境を保護するための藻場再生
  4. 藻場再生とバイテクソイルについて
  5. 藻場再生のための海底環境の改善
  6. 藻場再生における磯焼け対策の方法とは
  7. 磯焼け対策で海を取り戻す藻場再生について
  8. 藻場再生と磯焼け対策例
  9. 藻場再生に取り組む磯焼け対策とは
  10. 海のゆりかごである藻場再生
  11. 食害と藻場再生について
  12. 藻場再生で地球の環境まで変わる

藻場再生の大切さ

現在日本の周辺の海では磯焼けと呼ばれる状態になっている場所も結構あります。そんな状態から、たくさんの生き物がやってくる場所にするためにも藻場再生が必要になってきます。

藻場再生は生物にとって行きやすい環境を作り出す事で再び生き物を呼び込もうとする働きです。 近年では藻場再生の大切さが改めて実感されています。

ダイバー、ボランティアの団体などたくさんの人達が藻場再生を行い始めています。きっと、近い将来はたくさんの生き物がやってくるのではないでしょうか。

全国の漁場が取り組む藻場再生

最近注目されつつある藻場再生と磯焼け対策というのはよく似た意味で使われる事が多いかと思います。
藻場再生と磯焼け対策はどちらも、藻場の磯焼けしている状態を解消する事を意味しており、いろんな場所で使われています。

通常は環境問題と言えば、温暖化などは注目が集まる事が多いかと思いますが、他にもいろんな問題を解消する必要があります。

藻場再生に関するコラム

環境を保護するための藻場再生

藻場再生するという言葉を聞いた事はありますか?環境を保護するための対策としてはあまり聞いた事がないかもしれません。

藻場再生は最近少しずつ注目が集まっています。藻場再生は、海の中に生息している植物を増やして、環境を良くしようというのがねらいです。

実はこの海の中で生きる光合成をして生きる植物を増やすという事はとても大きなメリットがあります。植物が増えるというだけではなく、その植物を餌としている魚も集まってきます。

海の中の生物が豊富になるという事になります。これからも藻場再生は注目される事でしょう。

藻場再生とバイテクソイルについて

バイテクソイルのサポートが充実している専門業者においては、藻場再生に関する高度な知識を持つスタッフが在籍していることが特徴です。最近では、藻場再生のコストの相場について、様々なメディアで紹介されることがあるため、少しでも迷っていることがある場合には、便利な情報を仕入れることが大事です。

また、藻場再生の費用の負担を最小限に抑えるためには、良心的なサービスが用意されている業者の見積もりをお願いすることがコツです。その他、まずは実際に専門業者を利用したことがある人のレビューを参考にすることが良いでしょう。

藻場再生のための海底環境の改善

藻場は海藻が生い茂り魚や貝などの隠れ場や産卵の場で水棲生物の住処として重要な環境です。しかし近年この藻場の減少が全国各地で広がっています。そこで豊かな藻場を取り戻すため国や自治体が藻場再生に取り組んでいます。

減少の原因は海水温の上昇や埋め立てなどによる磯焼け原因なのでまず海底を調査し原因究明を行い対策を実行しています。対策はまずウニを除去を行います。ウニは藻を食べて増え続けるので数を減らします。そして藻の胞子を植え付けたネットを海底に設置し藻を栽培します。藻場再生はこうした活動を定期的に行い少しずつでも環境を回復させています。

藻場再生における磯焼け対策の方法とは

現在、日本の漁業者が取り組んでいる藻場再生には、テトラポットを沈めて、わかめやコンブなどの海草を増やす方法や、日本海側の数ヵ所で行われている、バイテクソイルがあります。

この背景には、様々な原因によって引き起こされる、磯やけの現象によって、海の生体にはかかせない、わかめやコンブといった海草類が減少しているという問題があります。

テトラポットは海草が一時的に増えますが、徐々に固い殻のサンゴ藻が付着し、再び磯焼けをおこしてしまうため、繰り返し引き上げては、取り除き、再び海に沈めるという大がかりな作業です。またバイテクソイルは、天然の成分をいかして、サンゴ藻を抑制させる磯焼け対策です。

磯焼け対策で海を取り戻す藻場再生について

特に日本海沿岸で深刻な問題となっている、藻場の磯焼けは、寝床や産卵場所としている魚やカニといった 生き物にとって、生息場所がなくなるという問題を抱えています。また藻場が担う光合成も、海で生きる生物にとって欠かせない役割がありますから、海の生態系を維持するためには、藻場再生さえる磯や焼け対策が不可欠です。

そのため現在、日本の漁業者が行っているものには、メンテナンスを行いながら、テトラポットを沈めて海草類を増やす方法や、間伐材の腐葉土の成分を利用して、磯焼けの原因となるサンゴ藻を抑制させるバイテクソイルという磯焼け対策で、藻場再生に取り組んでいます。

藻場再生と磯焼け対策例

藻場再生と磯焼け対策は日本全国の海岸で最近では積極的に行われていますが、一体具体的にはどのような方法が取られているのかをご紹介します。

よく使用されているのが、落葉広葉樹の伐採したものを原材料とした腐植土である「バイテクソイル 」で、こちらは海を汚すことなく、磯焼けの原因の一つを言われている石灰藻を取り込むことができるため、海底に巻いてみたり、藻が生えている岩の付近に散らしたりしています。

またテトラポットを埋めて綺麗な岩に新しい藻が生えることができるような環境を整えるような施工をしているような海岸もあります。

藻場再生に取り組む磯焼け対策とは

現在広がりを見せている、埋め立てや温暖化による海水温の上昇で、岩場がむきだしになり、海草のかわりに固いサンゴ藻がびっしりついてる状態になると、藻場の役目である海水の浄化や、魚、甲殻類などの産卵や生息の場がなくなってしまいます。

このような状態から回復させようと取り組みがされており、落葉広葉樹の間伐材を利用したバイテクソイルを使って、磯焼けの原因となっている石灰藻を抑制させたり、テトラポットにワカメや海草を根付かせて沈める磯焼け対策が取られています。

ただ石灰藻がつきやすいので、その都度取り除いてやる必要があります。現在国内の漁業者が取り組んでいますが、藻場再生の重要性を広く伝える必要があります。

海のゆりかごである藻場再生

海のゆりかごと言われている藻場ですが、人口的に埋め立て地にしたり、何かと人間による藻や海藻類の撤去により、海の魚たちの卵や小さな命の安息の地が奪われています。そのため、生態系に影響を及ぼしています。その藻場の再生をおこなうことを、藻場再生と言います。

具体的には、六角形のコンクリートの筒に蓋と底になる部分と、側面に網を付けたセル-MPSと呼ばれる物などに、母体となる母藻を仕込み、海に沈ませる方法などがあります。これをおこなう事業が現在では利益などの理由によって減少してきています。そのため、農林水産省ではこの事業に対しての対策がなされています。

食害と藻場再生について

時として藻場再生の活動が難しくなる事もあり、その原因が食害であるケースもあります。ウニによる食害が藻場再生を難しくしている事もあります。

藻場再生の一環としてウニを駆除する作業が行われる事もあります。過度にウニが増えてしまうと、藻を増やすなどの藻場再生を行ったとしても、ウニに食べられてしまい、効果を実感する事はできなくなってしまいます。

あらゆる方向から藻場再生を行う事によって、バランスを保った自然をキープする事ができるでしょう。従来の様に、美しい藻場の環境が蘇るといいでしょう。

また、これからも食害の被害ができるだけ発生しない様に、対策を考えていく必要があるでしょう。

藻場再生で地球の環境まで変わる

最近では藻場の減少が懸念され、各地でさまざまな影響が出ています。藻場は海の森林と呼ばれており、一度でも藻が死んだ状態になってしまえば、時間の経過で元に戻ることが難しく、海の生態系全体に影響を及ぼしてしまいます。

藻場再生は、ただ藻の種を蒔くだけでは改善されず、地道に手入れをすることが重要となります。海栗など藻場を餌とする生き物を放置していれば、せっかく育っても食い荒らされてしまいますので、網で覆って保護したり、食害の原因となる生物を捕獲したりといった対策が必要です。

社会の豊さと引き換えに進む環境破壊は、元の状態へ戻すためには数多くの努力が必要であることを念頭に置いておきたいものです。

メニュー

TOP 税理士 相続手続き 藻場再生 バイテクソイル工法 レンタルオフィス

"税のことなら税理士にお任せ!"では、節税対策などの税金問題に詳しい税理士に関する情報をご紹介しています。遺産相続手続きを扱う大阪の弁護士事務所や法律事務所についてのコンテンツにも注目!当サイトへのお問い合わせはこちらにお願いします。藻場再生や磯焼け対策のバイテクソイル工法についての詳細や施工事例は大阪の企業サイトをご覧ください。